本日3月24日のFX格言:「相場は豹変する」→意味

相場は豹変する

相場の局面がいつどんな状況で急転するかは誰にも判らないので、細心の注意が必要だという意味です。

【PR】1日平均3トレードで、29日で168万円に 58日で537万円になりました。→ Forex Mega Droid 完全攻略パック

HOME > FX初心者ナビ > 1.まずはじめに > 高レバレッジは恐い?

FX初心者ナビ

高レバレッジは恐い?

よく「高レバレッジ=危険」という間違った知識が広まっていますが、当ロスカットナビでは逆に「レバレッジ=危険」だと考えています。

まず、ほとんどのFX業者が明記している「レバレッジ」という用語は「最大レバレッジ」、つまりレバレッジ上限の設定のことを指していて、「実効レバレッジ」とはまた別のものだからです。


レバレッジ実効レバレッジの違いを簡単に車で例えて書くと

  • レバレッジ(設定)」・・・・・法定速度※2017年現在は、規制により国内FX口座は全てレバレッジ50倍が上限です
  • 実効レバレッジ」・・実際に走っている速度

とイメージしてもらえるとわかりやすいと思います。


レバレッジは、説明が間違っていたり、曖昧な書き方をしている人がネット上でも沢山いるので、初心者の方は注意をしてください!もし、安易に「高レバレッジは危険だ」という人がいたら、まずその人の知識を疑った方が賢明だと思います。


また、実際の実効レバレッジは 購入時のレート×取引数量÷有効資産 で計算されます。


例えば、10万円有効な資産が口座に入っていて、米ドル/円が82円の時、1万円分購入したら

⇒82×10000÷100000=8.2 実効レバレッジは8.2倍になり、

同じ条件で5万円分購入したら

⇒82×50000÷100000=41 実効レバレッジは41倍になります。


つまり、当たり前の事ではありますが、資産に対して無茶な注文さえしなければFXは至極安全に取引をする事が可能です。


では、低レバレッジはなぜ危険なのか?次の【低レバレッジは危険】で説明していきます。