本日12月12日のFX格言:「売り買い休め」→意味

売り買い休め

資金に余裕があり、相場の好きな人は、毎日休みなく売買をしている方も多いでしょう。目先の動きで取引をすること傾向があるのでしっかりとした分析を怠りがちです。熱くなって大きな失敗をする前に、取引を休むことも大切です。

【PR】1日平均3トレードで、29日で168万円に 58日で537万円になりました。→ Forex Mega Droid 完全攻略パック

HOME > ロスカットとは? > ロスカットとは?

ロスカットとは?

ロスカットとは?

リスク管理

ロスカットとは、取引中の通貨の損失が一定値(ロスカット値)に達すると強制的にポジションが決済されてしまう事を言い、そのルールは各FX業者で異なります。※『各FX業者のロスカットルール』参照

FXは、ロスカット値値幅を把握して資産に余裕を持たせた取引をする事で、確実な利益を上げる事ができる仕組みになっているので、口座開設前にロスカットについて知っておく必要があります。資産に十分な余力があるならば問題ないですが、ロスカット値を把握せずに取引をする事はギャンブルと変わらないので、注意しましょう。

ちなみにロスカットを直訳すると『損切り』という意味になりますが、FX用語の損切りは、取引の際に相場が予想と反対に動いたときに、自ら損失を少なくするため決済する事なので少し意味は違います。

また、ロスカット前にある程度損失が増えてきた段階でマージンコール(※口座によって名称は異なる場合があります)という通知がきます。これはロスカット前の警告なので、強制決済される事はありませんが、マージンコールが発生してしまうこと事態が賢明ではありません。(サッカーで例えたら、ロスカットがレッドカード、マージンコールがイエローカードですね×

ちょっと『面倒くさそう』とか『怖い』と思われがちなロスカットですが安心して下さい◎逆を言えばロスカット値を気にして、無理のない取引を繰り返すだけで確実な利益を出す事が可能なんです。(ノーリスク取引

私もそうでしたが…着実に利益を繰り返していく事で、自然と取引が楽しくなってきます。常に「つまらない…」と思いながらお金儲けが出来てる人なんていないですよね?

まずは小額でも、確実に利益を出せる事ができたら、1万円を100万円、10万円を1000万円以上・・・と資産を100倍以上に増やす事も絶対に可能です。そしてこれは誰にでもできる事だと思いますよ。(※詳しくはFX初心者ナビページ